「あんぽ柿」6年ぶりの出荷作業が始まる

Dscn5260

6年ぶりのパック詰め・箱詰め作業という事で、戸惑う事が多い一日でした。
それでも、どうにか20kgの出荷準備が完了しました。今日、箱詰めしたあんぽ柿は、とりあえず明日、全量、JAに出荷・搬入します。JA共選所にて等級分け、異物混入のチェック、脱酸素剤・シールのチェックなどの後、2kg箱毎に放射性物質のモニタリング検査にかけられます。
モニタリングに時間がかかるため、一日の出荷量に制限があり、当農園は小規模農家なので、20kgが上限です。もっとせっせと出荷したいところではありますが・・・・。
2kg箱毎にモニタリング機械に通して、50Bq/kgを超えると、廃棄処分になります。昨年度、全出荷量の8-9割が廃棄処分になった生産者もいらっしゃるそうで、出荷再開したからと言っても、手放しで喜べない状況ですね。特に、我が家の自宅前で収穫した柿を原料にした「あんぽ柿」は、廃棄処分になる確率が高くなりそう。
出荷開始当初は、それなりに検査に合格すると思いますが、中盤から後半は柿の乾燥が進むため、びっくりするほど廃棄率が高くなると思われます。
しかも、廃棄処分になった「あんぽ柿」の損害賠償の支払いが大幅に遅れていて、支払いまでに2年以上かかるそうです。さらに、賠償金が支払われるまでは、出荷資材代金などは、全て自腹で支払わなくてはいけません。
農家の高齢化が進んでいる事から、このような「人でなし」対応をすることで、離農を進めようと考えているのではないでしょうか?離農して農産物の出荷を止めると、賠償金は一切支払われなくなります。
東京電力という会社は、「人でなし」を通り越して、「ゴミ屑」以下の存在だということが良くわかります。この屑会社の全ての関係者は、一切信用してはいけません。

| | コメント (0)

あんぽ柿の加工が最盛期

Dscn5232

数日前から加工作業を始めて、現在、最盛期です。
加工予定の1/3くらいの進捗状況でしょうか。原発事故の影響で、6年ぶりの加工再開なので、作業の進め方など戸惑う事も多い状態ですが、どうにかここまで順調にきました。
しかし昨日雨が降って、今日は湿度も高く、異常に気温が上昇しつつあり、あんぽ柿にとっては危険な(カビの発生など)状況です。
冷たい雨の後、すぐに寒気が入って冬型気圧配置になり、風が吹くのが普通なんですが・・・どうにも変な天気です。

| | コメント (0)

柿の収穫を始めました。

Dscn5221 あんぽ柿の原料にする蜂屋柿の収穫を始めました。下枝などはまだ少し青いので、まずは上枝中心に着色の良い所から先に収穫します。

数日程度追熟させてから、剥皮・加工します。
Dscn5224
干し場は内部をきれいに洗い、日除けのダイオシートも新調して整備は万端。
当所は原発事故の影響の強い地域のため、6年ぶりにあんぽ柿の加工を再開することになりました。
加工を再開することにはなったものの、出荷段階での放射性物質検査でどれほど廃棄処分になるか・・・不安の多い再開です。

| | コメント (0)

祝(?)6年ぶりの「あんぽ柿」加工再開決定

7月に採取した原料柿の幼果期検査の結果が出ました。

Img0437.1Bq/kgでした。一応10Bq/kg未満だと加工が可能になるので、6年ぶりに加工再開が決まりました。しかし、この圃場の原料柿を使うと、製品化・パック詰め後の検査において、放射性物質が出荷基準を超えて、廃棄処分になる事も多くなると思います。せっせと手間隙かけて「ゴミ」を生産するようなものですね。
幸い我が家では、汚染度の極めて低い別圃場でも原料柿を生産していますので、そちらの、安全性の高い原料柿をメインに使用して、あんぽ柿作りを再開します。

| | コメント (2)

モニタリング用の蜂屋柿・幼果を採取

今年の「あんぽ柿」加工が可能かどうか調べるために、原料柿(蜂屋柿)の幼果を採取しました。

Dscn5182合計2.5kgあります。ヘタの付いたままの柿一個を計量してみたら、約10gありました。ざっと250個です。収穫するのに手間と時間がかかります。わざわざ何キロも離れた場所まで車で運んで搬入しなくてはなりません。
今年で6年目です。
犯罪の被害者である農家の立場からすると、明らかに「強制労働」をさせられている感じです。にもかかわらず、無給です。糞ったれ東電は実費すら、支払う意志がありません。
今年の秋には、何らかの説明会が開かれて、糞ったれ東電の糞担当者も出席するとおもいますので、良い話のネタとして、糞答弁を引き出すべく、質問をぶつけたいと思います。

| | コメント (0)

5年ぶりの米作り・・・

久しぶりに米作りを再開することになりました。

現在の田んぼの様子です。自宅の目の前なので、毎日眺めています。
先日、畦の草刈をした時、鮮やかな色で薊の花が咲いていましたので、残してみました。薊にピントを合わせたバージョン。
Dscn5166
田んぼにピントを合わせたバージョン。
Dscn5167一眼レフではありませんが、この程度までなら写せます。
突然ですが、ここで一句。
田の畦(くろ)に、刈り残してや夏薊

| | コメント (0)

晩霜の被害が目立ってきました。

桃の作業は、現在、1回目の摘果を行なっているところですが・・・。

4月12日に、かなり強い晩霜があり、じんわりと影響が出ています。
4月12日の最低気温は、氷点下2度位まで下がりました。
例年ですと、開花前なので、被害はもっと少なかったと思いますが、今年は開花が10日も早かったので、影響が出てしまいました。
Dscn5092
一枝すっかり結実していないカラ枝もあります。こういった短果枝には、良い桃が実るんですが・・・
Dscn5101
また、今年は変形果も多いように思います。
Dscn5098
先が思いやられます。

| | コメント (0)

金稜辺「八重衣」がきれいな花を咲かせました。

金稜辺の「八重衣」や「御幸」という品種は、金稜辺特有の泥臭さの無い鮮やかな花が咲くと言われていましたので、期待して育てて来ました。
昨年も、「八重衣」に花芽が着いたんですが、株に力が無く、開花までは到りませんでした。
そして今年、「八重衣」が無事開花。
Dscn5087ピンクの花で、花茎が白いのが特徴。
これまで我が家で開花した金稜辺で、白い花茎が伸びたのは「八重衣」「白髯」「晃玉殿」の3品種です。
「御幸」も「八重衣」とほぼ同じ色の花が咲くと思われますが、今年は開花しませんでした。株は充実してきているので、今年の作が良ければ来年は開花すると思います。

| | コメント (0)

桃の花が咲いてしまいました。

平年よりも10日程度早い開花です。

花は咲いても、摘蕾作業はまだ終わりません。あと数本の樹を残すだけなので、ぎりぎりセーフかも?

Dscn5005写真右側に少し見えている枝が、摘蕾が終った枝です。
Dscn5003花見をして楽しむなら、摘蕾をしないでたっぷり咲かせた方が、何倍もきれいなんですが、そうはさせじともう少しがんばります。
Dscn5006枝のアップ。

| | コメント (0)

平成27年度、あんぽ柿損害賠償に関する生産者説明会

本日、タイトルにある通りの説明会に出てきました。

東電側の説明者が7-8名(福島補償相談センター職員?)出席していましたが、ただマニュアル通りの説明と、ペコペコ頭を下げるためだけの社員(全員が社員なのかは知りません)で、細かな点で説明できない部分も多く、全く話になりませんでした。
生産者の一人から、あんぽ柿は「加工自粛」ということになっているが、これは「自粛」では無く、あくまで「加工禁止」なのでは?という発言がありましたが・・・
これに対する福島県側の担当者(県職員)が、手続き上、あくまで自粛要請ということでお願いしている云々・・・との事でしたので・・・
私が、「自分の所は今年も加工できない地区だが、自粛要請を受け入れないで加工・出荷すると言ったら、加工・出荷は可能なのか?」と聞くと、
県の担当者・・・○×・・△■○◎▲・・・・・・・・、自粛をお願いします。
・・・(東電担当者に対し)このような状況なので、農家に自由は無く、人権は守られていないので、人権侵害に対する慰謝料の支払いを要求します。
東電・・・人権侵害との申し出も尤もな話ですが、△■○◎▲・・・・・・・・支払いには応じられない。
・・・原料柿のモニタリングの柿代金・収穫手間賃や、原発事故が無ければ提出の必要が無かった書類の作成その他の各種手間賃・事務手数料を、一律、全生産者に対し支払え。
東電・・・いろいろと余分な手間をお掛けしてるのは、重々承知していますが、支払いは出来ない。
と、まあこんな感じでした。東電側に何かを直接要求しても、東電は、基本、全て拒否です。屑会社なので、事故以来ずーっとこんな感じですね。
説明会会場までの交通費にしても、被害者である農家は自腹です。私の場合は、往復15kmをわざわざ車で往復。もちろん給料も出ません。
加害者である東電職員は、会場まで会社の車で来てるのだろうし、給料はもちろん出張手当も出ていると思います。(会社としては、余分な必要経費が増えたと言えなくも無いでしょうが、犯罪者である以上は仕方ないでしょう)
普通の会社ならば、被害者側の出席者に対し、「お車代」くらいは最低出すでしょうね。
まあ、「普通の会社」では無いので、仕方ないのかも?(もはや笑うしか無い状況)
でも、「人」としてどうなの?と思います。恥ずかしくないの?東電職員の皆さん!!
形式的な謝罪は繰り返しますが、謝罪の気持ちは社員全員が皆無。誠意のカケラも無し。正に厚顔無恥。
基本的には法的手段に訴えるしかない状況ですね。
ADR申し立てか、あるいは裁判ということになるのだと思います。
そんな訳で、あんぽ柿に関する慰謝料は、個人的にADR申し立てをしようかと検討を始めたところです。

| | コメント (0)

「あんぽ柿」は、5年連続の生産中止になりました。

本日、原料柿の放射性物質について、幼果期検査の結果が通知されました。

自宅前の柿畑で、13Bq/kgのセシウムが検出されたため、加工中止になりました。10Bq/kgを越えると加工中止ですが、自宅から離れた圃場でも7.1Bq/kgですから、こちらもけっこう微妙です。
今年は、伊達市全域が加工再開モデル地区となり、加工が可能になりましたが、一部地域では、小字単位で加工中止です。我が家のある霊山町上小国大木地区は、×ということですね。
山戸田地区の柿を使って加工する事もできません。加工再開には、自宅・干し場・畑全てが、加工再開モデル地区内でなくてはいけません。
ちなみに、伊達市霊山町で、今年「あんぽ柿」を加工・出荷できないのは、4名の生産者だけだそうです。生産者は全部で100名程度いるはずなんですが・・・。
変な所で「決勝戦」に残ってしまいました。
参考までに、自宅前の柿畑の隅にユズの木がありまして、今年、そこで採れたユズを検査したら、72Bq/kgだそうです。自家消費するには気にもなりませんが、人におすそ分けするには憚られる数値です。
Img035柿の幼果期検査で、去年は、21Bq/kgでしたから、1年で4割ほど減少しています。今年の数値から4割減少すれば、来年は7-8Bq/kgになりますが・・・・3割減少に留まると9.1Bq/kgですから、来年の加工再開も、かなり微妙です。

| | コメント (2)

真っ赤に色づきました。

Dscn4691 「あかつき」は、一昨日から少し収穫を始めました。例年よりも一週間くらい早い収穫開始です。

Dscn4690今年は、春からの雨不足で、産地全体としては小玉傾向と言われていますが、我が家の桃に関しては、しっかり大玉になってます。
収穫前に雨が多めだったため、試験的に収穫した桃は、若干、糖度が低めでしたが、天候の回復に伴い、糖度も上って来ました。
明日からは本格的に収穫を進めます。

| | コメント (0)

「あかつき」も色づき始め・・・

Dscn4688 あと一週間か10日後から収穫を始められると思います。まだ青々とした実も多いですが、もっと色づいた実もあります。

Dscn4686着色促進の為、銀色や白色の反射材を敷きました。

| | コメント (0)

イノシシの被害が多発

過去10年程の間にイノシシによる農作物への被害が増えていましたが、原発事故以来、さらに被害が多発しています。

全村避難が続く飯舘村境からの距離が7-8kmしか離れていない畑でもありますし、イノシシ肉の放射能汚染の影響で積極的に猟をする人が少なくなったなど複合的理由によるものです。

Dscn4682植えたばかりの桃の苗まで枝を折られ、根こそぎ引き抜かれた苗もあります。 この苗は3年前に植えた所、イノシシ被害で枝を折られたので、別の場所に移植しました。そして、今年また被害に遭ってしまいました。同じ年に植えた苗で、被害を免れた樹は、今年から少し実を着けることが出来る予定ですが、この被害樹はあと2年はだめでしょう。被害金額よりも、その2年という時間が無駄になった事が残念です。

Dscn4681 被害に遭うと幹に傷が付きますし、そもそも大きく育つはずの枝が無くなります。実を着けていない苗まで、イノシシは、枝を折ります。

Dscn4680ピンボケですが・・・。 もちろん、収穫時期の桃も被害に遭う訳で、太い幹をズタズタに折られ、桃を食い荒らされるのは、日常茶飯の出来事になってしまいました。

Dscn4683

桃畑のイノシシ対策1

防獣ネットで畑を囲う・・・高さ1mのネットで桃畑の周りを囲みました。長さ50mのネット(@\1,980)を計5本、〆て9,900円也。全部自腹。

Dscn4685 ネットの外は、畑に侵入できない腹いせなのか、地面がボコボコに掘り起こされています。

桃畑のイノシシ対策2夜間、ラジオ・ライトなどを点けっ放し・・・ 写真はありません。

桃畑のイノシシ対策3 イノシシが嫌う臭い・・・唐辛子の焼酎漬けを撒いたり、人の汗が浸み込んだタオルなどをネットにぶら下げたり・・・。 写真はありません。 これらの対策も、長期間続けると、イノシシも慣れてしまい、効果が薄れます。ネットや電気柵などは、慣れてしまうと簡単に破られてしまうので、重要な時期だけ1-2ヶ月の間、設置するようにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 伊達情報へ

にほんブログ村

| | コメント (0)

桃の収穫時期・・・かなり早まりそうです。

Dscn4678早生種「暁星」です。

あと、10日くらいで収穫できそうな勢いです。
その他の品種についても、例年に無く早い時期の収穫が予想されます。

| | コメント (0)

桃が満開

桃の花が満開になりました。

Dscn4461_2写真は、17日に撮影したものです。
















Dscn4463_2もう一枚。
















にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 伊達情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

摘蕾

Dscn4334_4季節はめぐり、いつの間にか桃の剪定も終り、摘蕾作業が盛りをむかえています。

今の所、桃の生長はそれほど進んではいないようですが、気温の上がり下がりが激しく、今後の天気次第では、開花が早まる可能性もあります。

あんぽ柿が今年も生産中止になったおかげで、作業の方は順調に(というより例年よりも随分)進んでいます。

桃の開花前には、余裕で摘蕾は終了する予定です。

| | コメント (0)

自家用「あんぽ柿」作り

Dscn4221 4年連続で加工(出荷)中止の「あんぽ柿」ですが、自家用に、100kg弱の柿を剥きました。

昨年から一部地域では、生産・出荷が再開されていますが、我が地区では、今年も加工不可です。
なお、これはあくまで自家用ですので、市場に出回ることはありません。
Dscn4220 平核無柿も20kgほど剥きました。
福島県では、東電と結託し、「加工自粛要請」という言葉を使って、責任回避・賠償金節約を謀っているようです。「加工制限」あるいは「出荷制限」という言葉を使ってしまうと、強制力を持つニュアンスになりますので、うまいこと誤魔化しているつもりなんだろうと・・・。
加工自粛ということにして、遺失利益を補填するだけで済ませようという東電の思惑が見え隠れします。
4年連続で加工できなくなった事について、我々農家には一切何の責任もありません。精神的な賠償を求める動きも、今後必要でしょうね。

| | コメント (0)

「あんぽ柿」・・・4年連続で加工中止です。

柿の幼果期検査の結果が出ました。

Img028 セシウム合計で21Bq/kgです。
この検査で10Bq/kg以下であれば、さらに収穫前の検査を実施して、その結果が7Bq/kg以下の場合に限り、加工が可能なんですが・・・・。
わが家の柿は、倍以上の数値を叩き出してくれました。
来年、セシウムが半分以下になるとも思えないので、来年もたぶん無理だと思います。
去年の結果と比較すると、一応、半分程度には数値は下がってはいるんですが・・・。
微妙なところかもしれません。

| | コメント (0)

早生桃「暁星」

Dscn4003 一部の桃は、ずいぶん着色が進んできました。

こういった桃は、核割れしている場合が多く、傷みやすいので早めに収穫することになると思います。
まだ真っ青な桃も多いので、本格的な収穫は20日以降になりますが、一部は16-17日頃から始めることになりそうです。
ちなみに、わが家の「暁星」は、幼果期の検査で、放射性物質は不検出(ND)でした。
「あかつき」は、来週、検査します。

| | コメント (1)

«摘果