« 早生桃「暁星」着色始まりました。 | トップページ | 現在の桃の様子 »

桃の反射シート

Dscn3884 台風4号が来る前に、早生桃「暁星」に、反射シートを設置しました。

以前は、アルミを蒸着したタイプの銀色の反射シートしか無かったんですが、最近は、白いタイプの反射シートが推奨されています。
白いタイプは、銀色タイプよりも反射率が高いため、桃の着色が良くなります。
また、反射熱が少ないため、作業が楽です。
桃の果実も熱を持ちにくいことから、桃にも優しい反射シートといえるでしょう。

我が家では、従来の銀色反射シートもまだまだ使えますので、白いタイプの導入はまだ少ない状況ですが・・・。

ちなみに、反射シートは、桃の着色を良くするだけでなく、園地全体が明るくなることから光合成を促進して桃の糖度が上がることが期待できます。

また、桃の枝折れを防ぐため、竹竿をあてがって支えてあります。

|

« 早生桃「暁星」着色始まりました。 | トップページ | 現在の桃の様子 »

農作業日誌(桃の管理作業)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃の反射シート:

« 早生桃「暁星」着色始まりました。 | トップページ | 現在の桃の様子 »