« 金稜辺の花芽が伸び始めました | トップページ | コスカシバ幼虫の駆除 »

桃の摘蕾の方法

R0010585 長果枝(長さ30cm以上の枝)や中果枝(長さ15-30cmの枝)の場合は、枝の先端付近と基部の蕾を取り、枝の中ほどのなるべく葉芽のある位置の下向きの蕾を残します。




R0010587摘果後の写真です。







R0010588 短果枝(長さ15cm以下の枝)の場合は、たいていは先端部の蕾を1-2個残します。






R0010589 摘果後の写真です。

枝が白っぽく汚れて見えるのは、石灰硫黄合剤の散布痕です。

全体の蕾を取る割合は、品種にもよりますが、「あかつき」など花粉のある品種では、成木の場合、2/3から3/4程度の蕾を取り去ります。

毎日2人でコツコツと摘蕾をして、30アールの桃畑全ての摘蕾が終わるまでに、約1ヶ月かかります。

|

« 金稜辺の花芽が伸び始めました | トップページ | コスカシバ幼虫の駆除 »

農作業日誌(桃の管理作業)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃の摘蕾の方法:

« 金稜辺の花芽が伸び始めました | トップページ | コスカシバ幼虫の駆除 »