« 寒蘭「光玉殿」の花芽・・・その後 | トップページ | 農産物モニタリング(放射能検査)の結果通知 »

猛暑の真っ最中に・・・寒蘭「光玉殿」が開花

昔は9月の半ばにもなれば、朝晩は上着が無ければ寒くていられませんでした。
今年はと言えば・・・夏の真っ盛りでもあり得ないような暑さが、毎日、続いています。
彼岸前だと言うのに、連日、最高気温は33℃、34℃。

そんな猛暑(残暑と言うには、あまりに暑すぎる)の最中、寒蘭が開花しました。

Dscn1272「光玉殿」ですが、色合いが随分違います。
また、香りがありません。いくら鼻を押し付けて嗅いでみても、何の匂いも感じられず・・・。

こんな時期に咲く事が、そもそも異常ですから、少々の色違いくらいは仕方ありません。
参考までに、50%の遮光ネット+紫外線カットフィルムの屋根+寒冷紗2-3枚のパイプハウスに入れて管理してきました。同じ条件下で、11月とか12月に開花した時の色合いがどうなるか・・・。

 

|

« 寒蘭「光玉殿」の花芽・・・その後 | トップページ | 農産物モニタリング(放射能検査)の結果通知 »

金稜辺(キンリョウヘン)・東洋蘭・シンビジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒蘭「光玉殿」の花芽・・・その後 | トップページ | 農産物モニタリング(放射能検査)の結果通知 »