« 建蘭「天司晃」と玉花蘭「朝陽」の花 | トップページ | 25年産あんぽ柿・放射能モニタリング検査結果 »

モニタリング用の蜂屋柿

Dscn2704 台風が来る前に、福島県のモニタリングに使用する蜂屋柿を採取しました。1個の重さは、120-130g位です。

おそらく郡山の農業試験場で、擬似的にあんぽ柿に加工して、放射能を測定します。室内での機械乾燥です。
もちろん、我が家の柿だけでなく、県内各所から同じように原料柿を集めて、検査するわけですが、このモニタリングの結果、セシウムが100Bq/kgを超える検体があれば、正式に県からあんぽ柿の加工自粛要請が出ます。
7月半ばに実施した全生産者を対象にした幼果検査で、伊達市全体の約7割が10Bq/kg以下、20Bq/kgを超えたのは8.5%だったそうです。我が家の柿は、この検査で44Bq/kgでしたから、成績はトップクラス。加工自粛が出るか出ないかは、我が家の柿の検査結果がカギを握っているのかもしれません?

|

« 建蘭「天司晃」と玉花蘭「朝陽」の花 | トップページ | 25年産あんぽ柿・放射能モニタリング検査結果 »

農作業日誌」カテゴリの記事

大震災・原発事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建蘭「天司晃」と玉花蘭「朝陽」の花 | トップページ | 25年産あんぽ柿・放射能モニタリング検査結果 »