« モニタリング用の蜂屋柿 | トップページ | 蜂屋柿の収穫 »

25年産あんぽ柿・放射能モニタリング検査結果

Img024_2 福島県北農林事務所から正式な検査結果通知が届きました。

水分含有率40パーセントの「あんぽ柿」に加工して、120Bq/kg
水分含有率30パーセントの「干し柿」に加工して、170Bq/kg
という結果です。
なお、生柿の状態では28Bq/kgでした。
昨年、同じ時期の福島県の検査では、
あんぽ柿に加工して、290Bq/kg
干し柿に加工して、320Bq/kg
生柿では59.6Bq/kg
でしたから、約半分には減少していますが、減少率が少し鈍くなっています。つまり、一昨年と昨年の比較では1/3に減少したにもかかわらず、昨年と今年の比較では1/2の減少に留まったということです。
ということは、来年は、今年と比較して1/2に減少する可能性は低いことが予想されます。半減期の長いセシウム137の残留比率が高くなるわけですし、柿の生理的な問題もあるのかもしれません。
来年の加工再開も厳しくなりました。

|

« モニタリング用の蜂屋柿 | トップページ | 蜂屋柿の収穫 »

大震災・原発事故関連」カテゴリの記事

農作業日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モニタリング用の蜂屋柿 | トップページ | 蜂屋柿の収穫 »