« 「あんぽ柿」は、5年連続の生産中止になりました。 | トップページ | 桃の花が咲いてしまいました。 »

平成27年度、あんぽ柿損害賠償に関する生産者説明会

本日、タイトルにある通りの説明会に出てきました。

東電側の説明者が7-8名(福島補償相談センター職員?)出席していましたが、ただマニュアル通りの説明と、ペコペコ頭を下げるためだけの社員(全員が社員なのかは知りません)で、細かな点で説明できない部分も多く、全く話になりませんでした。
生産者の一人から、あんぽ柿は「加工自粛」ということになっているが、これは「自粛」では無く、あくまで「加工禁止」なのでは?という発言がありましたが・・・
これに対する福島県側の担当者(県職員)が、手続き上、あくまで自粛要請ということでお願いしている云々・・・との事でしたので・・・
私が、「自分の所は今年も加工できない地区だが、自粛要請を受け入れないで加工・出荷すると言ったら、加工・出荷は可能なのか?」と聞くと、
県の担当者・・・○×・・△■○◎▲・・・・・・・・、自粛をお願いします。
・・・(東電担当者に対し)このような状況なので、農家に自由は無く、人権は守られていないので、人権侵害に対する慰謝料の支払いを要求します。
東電・・・人権侵害との申し出も尤もな話ですが、△■○◎▲・・・・・・・・支払いには応じられない。
・・・原料柿のモニタリングの柿代金・収穫手間賃や、原発事故が無ければ提出の必要が無かった書類の作成その他の各種手間賃・事務手数料を、一律、全生産者に対し支払え。
東電・・・いろいろと余分な手間をお掛けしてるのは、重々承知していますが、支払いは出来ない。
と、まあこんな感じでした。東電側に何かを直接要求しても、東電は、基本、全て拒否です。屑会社なので、事故以来ずーっとこんな感じですね。
説明会会場までの交通費にしても、被害者である農家は自腹です。私の場合は、往復15kmをわざわざ車で往復。もちろん給料も出ません。
加害者である東電職員は、会場まで会社の車で来てるのだろうし、給料はもちろん出張手当も出ていると思います。(会社としては、余分な必要経費が増えたと言えなくも無いでしょうが、犯罪者である以上は仕方ないでしょう)
普通の会社ならば、被害者側の出席者に対し、「お車代」くらいは最低出すでしょうね。
まあ、「普通の会社」では無いので、仕方ないのかも?(もはや笑うしか無い状況)
でも、「人」としてどうなの?と思います。恥ずかしくないの?東電職員の皆さん!!
形式的な謝罪は繰り返しますが、謝罪の気持ちは社員全員が皆無。誠意のカケラも無し。正に厚顔無恥。
基本的には法的手段に訴えるしかない状況ですね。
ADR申し立てか、あるいは裁判ということになるのだと思います。
そんな訳で、あんぽ柿に関する慰謝料は、個人的にADR申し立てをしようかと検討を始めたところです。

|

« 「あんぽ柿」は、5年連続の生産中止になりました。 | トップページ | 桃の花が咲いてしまいました。 »

大震災・原発事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あんぽ柿」は、5年連続の生産中止になりました。 | トップページ | 桃の花が咲いてしまいました。 »