農作業日誌(桃の管理作業)

晩霜の被害が目立ってきました。

桃の作業は、現在、1回目の摘果を行なっているところですが・・・。

4月12日に、かなり強い晩霜があり、じんわりと影響が出ています。
4月12日の最低気温は、氷点下2度位まで下がりました。
例年ですと、開花前なので、被害はもっと少なかったと思いますが、今年は開花が10日も早かったので、影響が出てしまいました。
Dscn5092
一枝すっかり結実していないカラ枝もあります。こういった短果枝には、良い桃が実るんですが・・・
Dscn5101
また、今年は変形果も多いように思います。
Dscn5098
先が思いやられます。

| | コメント (0)

桃の花が咲いてしまいました。

平年よりも10日程度早い開花です。

花は咲いても、摘蕾作業はまだ終わりません。あと数本の樹を残すだけなので、ぎりぎりセーフかも?

Dscn5005写真右側に少し見えている枝が、摘蕾が終った枝です。
Dscn5003花見をして楽しむなら、摘蕾をしないでたっぷり咲かせた方が、何倍もきれいなんですが、そうはさせじともう少しがんばります。
Dscn5006枝のアップ。

| | コメント (0)

真っ赤に色づきました。

Dscn4691 「あかつき」は、一昨日から少し収穫を始めました。例年よりも一週間くらい早い収穫開始です。

Dscn4690今年は、春からの雨不足で、産地全体としては小玉傾向と言われていますが、我が家の桃に関しては、しっかり大玉になってます。
収穫前に雨が多めだったため、試験的に収穫した桃は、若干、糖度が低めでしたが、天候の回復に伴い、糖度も上って来ました。
明日からは本格的に収穫を進めます。

| | コメント (0)

「あかつき」も色づき始め・・・

Dscn4688 あと一週間か10日後から収穫を始められると思います。まだ青々とした実も多いですが、もっと色づいた実もあります。

Dscn4686着色促進の為、銀色や白色の反射材を敷きました。

| | コメント (0)

イノシシの被害が多発

過去10年程の間にイノシシによる農作物への被害が増えていましたが、原発事故以来、さらに被害が多発しています。

全村避難が続く飯舘村境からの距離が7-8kmしか離れていない畑でもありますし、イノシシ肉の放射能汚染の影響で積極的に猟をする人が少なくなったなど複合的理由によるものです。

Dscn4682植えたばかりの桃の苗まで枝を折られ、根こそぎ引き抜かれた苗もあります。 この苗は3年前に植えた所、イノシシ被害で枝を折られたので、別の場所に移植しました。そして、今年また被害に遭ってしまいました。同じ年に植えた苗で、被害を免れた樹は、今年から少し実を着けることが出来る予定ですが、この被害樹はあと2年はだめでしょう。被害金額よりも、その2年という時間が無駄になった事が残念です。

Dscn4681 被害に遭うと幹に傷が付きますし、そもそも大きく育つはずの枝が無くなります。実を着けていない苗まで、イノシシは、枝を折ります。

Dscn4680ピンボケですが・・・。 もちろん、収穫時期の桃も被害に遭う訳で、太い幹をズタズタに折られ、桃を食い荒らされるのは、日常茶飯の出来事になってしまいました。

Dscn4683

桃畑のイノシシ対策1

防獣ネットで畑を囲う・・・高さ1mのネットで桃畑の周りを囲みました。長さ50mのネット(@\1,980)を計5本、〆て9,900円也。全部自腹。

Dscn4685 ネットの外は、畑に侵入できない腹いせなのか、地面がボコボコに掘り起こされています。

桃畑のイノシシ対策2夜間、ラジオ・ライトなどを点けっ放し・・・ 写真はありません。

桃畑のイノシシ対策3 イノシシが嫌う臭い・・・唐辛子の焼酎漬けを撒いたり、人の汗が浸み込んだタオルなどをネットにぶら下げたり・・・。 写真はありません。 これらの対策も、長期間続けると、イノシシも慣れてしまい、効果が薄れます。ネットや電気柵などは、慣れてしまうと簡単に破られてしまうので、重要な時期だけ1-2ヶ月の間、設置するようにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 伊達情報へ

にほんブログ村

| | コメント (0)

桃の収穫時期・・・かなり早まりそうです。

Dscn4678早生種「暁星」です。

あと、10日くらいで収穫できそうな勢いです。
その他の品種についても、例年に無く早い時期の収穫が予想されます。

| | コメント (0)

桃が満開

桃の花が満開になりました。

Dscn4461_2写真は、17日に撮影したものです。
















Dscn4463_2もう一枚。
















にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 伊達情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

摘蕾

Dscn4334_4季節はめぐり、いつの間にか桃の剪定も終り、摘蕾作業が盛りをむかえています。

今の所、桃の生長はそれほど進んではいないようですが、気温の上がり下がりが激しく、今後の天気次第では、開花が早まる可能性もあります。

あんぽ柿が今年も生産中止になったおかげで、作業の方は順調に(というより例年よりも随分)進んでいます。

桃の開花前には、余裕で摘蕾は終了する予定です。

| | コメント (0)

早生桃「暁星」

Dscn4003 一部の桃は、ずいぶん着色が進んできました。

こういった桃は、核割れしている場合が多く、傷みやすいので早めに収穫することになると思います。
まだ真っ青な桃も多いので、本格的な収穫は20日以降になりますが、一部は16-17日頃から始めることになりそうです。
ちなみに、わが家の「暁星」は、幼果期の検査で、放射性物質は不検出(ND)でした。
「あかつき」は、来週、検査します。

| | コメント (1)

摘果

Dscn3811桃の摘果作業が盛りをむかえています。上の写真が摘果前、下の写真が摘果後です。

まだ、第一回目の摘果が終わりません。硬核期に入るまでに、2回の摘果を終らせます。
Dscn3812 硬核期が近付くと、核割れなどの障害のある実の見極めがつくようになりますが、現在は、まだ分からないので、多めに残して置きます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧