農業機械・農作業Goods

手押し式草刈機VIVy(びびー)を使ってみました。

手押し式草刈機VIVy(びびー) 畑の草が伸び始めましたので、昨年秋に借りたVIVyを使って草刈をしてみました。
使い勝手はまずまずです。何よりも肩掛け式の草刈機と比較すると、疲れません。
ただ、地面に凹凸があると、スムーズに前進できない事がありました。後進は常にスムーズにできますし、振り幅は限られますが、刈り刃部分を左右に振る事も容易です。
R0013215 ナイロンコード式の刈り刃ですので、このような場所でも、チップソーのように刃欠けを気にせず草刈りができます。もちろんチップソー式の刈り刃も取り付け可能です。
R0013214 ただし、刈った草がかなり広範囲に飛び散ります。これはやむを得ない事ではありますが、放射性セシウムも一緒に撒き散らしている気がします。原発事故の影響をうけた特殊事情ではありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手押し式草刈機VIVy(びびー)のデモ機

面白い草刈機のデモ機を貸してもらいました。
手押し式草刈機VIVy(びびー) VIVy(びびー)です。
今までの刈り払い機は、肩から機械を提げて刈り払い作業をしていました。このVIVyは、樽を横倒しにしたような車輪と、その両脇に補助輪が付いていて、自転車のようなハンドルで操作します。

これまでは、重い機械を背負って左右に振り回しながらの草刈りでしたので、腰や肩がとても疲れ、危険が伴う作業でした。

この草刈機を使えば、重労働から開放されるかも知れません。ただし、急傾斜地では使えませんので、比較的平坦な畑でのみの使用に限定されます。

冬の時期は草刈作業が無く、春まで本格稼動はしませんので、実際の使用感はまだわかりません。春になったら、詳しくレポートしたいと思います。

ViVyナイロンコードカッター 刈り刃は、ナイロンコードカッターが標準です。ナイロンコードカッターでの草刈は、ハイパワーが必要になりますが、VIVyはエンジン排気量が40ccと、余裕のハイパワーです。

ViVyせっちか君 ナイロンコードカッターの底面は、接地板が付いていて、地面に接地させたまま前後左右に動かして草刈り作業をします。ナイロンカッター部分のみが回転し、接地板は止まったままなので、地面の上を滑らせるように草刈ができるとのこと。

販売価格が気になるところですが、担当者にお聞きしたところ、ホームセンターで販売されている普通の草刈機並みの価格です。具体的には、標準的なタイプで、20,000円から24,000円とのことです。

詳しくは、メーカー(VIVエンジニアリング株式会社)ホームページ
http://www.viv-eng.co.jp/
を参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「T」型クランプ(干し柿用金具)

Rimg0381 首木(T型の枝)の無い柿を干す場合に使用する金具です。
ステンレス製で、1個7円くらいです。1000個単位で買うんですが・・・。
Rimg0373 ヘタの部分の両端を挟むように取り付けて使用します。
Rimg0374 紐を通したところ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チェーンソーの修理・・・

故障して2―3年使わなかったチェーンソーを修理しました。

機種はリョービのES-3235。
10年以上前にホームセンターで購入したチェーンソーです。
Dscn4035 燃料をキャブレターに吸い込んでくるためのポンプ(半球形のやつ)と、それに繋がるビニールのパイプが痛んでいましたので、部品の取り寄せから・・・。幸い部品明細書が取ってありましたので、これを参考に、リョービの営業所に電話して部品を取り寄せることができました。
1週間ほどで部品が届き、さっそく取り付けてみましたが・・・動きません・・・?。


Dscn4036 キャブレターの穴という穴にキャブクリーナーを吹きつけて暫く放置すると、ようやくけたたましい音を立ててエンジン始動・・・。
これで、剪定枝の処理が楽になります。

キャブクリーナーは、農業資材専門店で見つけたちょっと高級品を使いました。
ホームセンターで売っているやつは、すぐに揮発してしまいますが、この高級キャブクリーナー(980円ですが・・・)は、噴射すると泡状になるため、キャブレターの詰まりを強力に溶かしてくれるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)